不動産部門の書籍として20万部以上売れている「金持ち大家さん」シリーズのベストセラー作家 浦田健が提供するアパート経営・マンション経営のイロハ!
空室サヨナラ!満室ウハウハ!「金持ち大家さん」左うちわセミナー

マンションの共用部分について

マンションには、「共用部分」と「占有部分」があります。マンションに住んでいる住民が皆で使うことのできる部分が共用部分と呼ばれています。共用部分は、各不動産の会社で工夫を凝らした設備を備え付けていて、マンションを利用して生活している住民の方々に便利な設備を提供しています。

こういったマンションの「共用部分」に備え付けられている設備としては、例えば、洗濯用の設備があります。街中にあるコインランドリーと同じように、マンションの中には、共用部分に、洗濯機や乾燥機が備え付けられている物件があります。

マンションを借りて生活をする際に、こういった共用部分に、洗濯をする際に便利な道具が備え付けられている物件だと、自分で購入しなくて済むので、新しく買うよりも便利です。こういった物件を借りることを検討してみるのもいいのではないでしょうか。


マンションの共用部分には、他にも様々な設備が設置されていて、マンションを取り扱ってる不動産会社によって、いろいろなサービスを展開しています。

マンションの共用部分に備え付けられた設備としては、他に、コピー機やFAXといったものがあります。手軽に利用することができるので便利です。

また、コミュニティーに関する施設もあります。コミュニティーに関する施設とは、マンションに住んでいる住民や、あるいは、マンションを訪れたお客さんが、皆で談笑して楽しむことができるような施設のことです。その他にも、簡単な会議を行うためのスペースとして利用できたりします。

各マンションの共用部分には、このように、便利な施設を設置している場合がありますので自分に必要な施設を備えたマンションを探してみましょう。
タグ:マンション
カテゴリ:マンションの情報

マンスリーマンションとウィークリーマンション

仕事の出張や単身赴任で、あるいは受験などのために、短期的な宿泊場所が必要な場合になる場合がありますよね。そんな時、通常はビジネスホテルなどを利用する場合が多いと思いますが、ウィークリーマンションやマンスリーマンションを利用するととても便利です。

マンスリーマンションやウィークリーマンションはビジネスホテルとは違い、電化製品など生活必需品があらかじめ揃えられているので、着替えさえ持っていけば、あとは不自由なく生活することができるのです。

マンスリーマンションやウィークリーマンションの中には、サービスとしてインターネットが無料でできたり、自転車の貸し出しをしている所などがあり、本当に便利です。

これらのマンションの賃貸料金は週や月単位で発生します。賃貸期間や支払い方によって賃貸料金は異なってきます。月額相場として大体10万円前後から15万円くらいの所が多いようです。ただ、宿泊する期間が長くなればなる程、1ヶ月あたりの賃貸料金は安くなっていきます。マンスリーマンションやウィークリーマンションでは賃貸料金の他にも、光熱費と清掃料金がかかることになります。しかし、敷金礼金は必要ありませんのでご安心を。

マンスリーマンションやウィークリーマンションにはさまざまな運用形態があります。マンション自体がマンスリー、ウィークリー専用となっている専業型。通常の賃貸マンションの空き部屋を利用している空室型。ビジネスホテルが長期ステイ用として提供しているホテル型があります。やはりサービスが充実しているのは専業型の場合が多いと思いますのでご利用になる際は、必要に合わせてあらかじめチェックされると良いでしょう。

不動産の種類の一つとしてのマンションの特徴

不動産を取り扱っている業者さんを通して、借りることのできる物件の一つとして、マンションがあります。

マンションは、アパートに比べて、3階建て、4階建て等、高層の物件が多く、また、一棟の物件に収まっている部屋の数も、アパートに比べて多いです。こういったマンションは、鉄筋コンクリート造り等、頑丈な造りの物件が多く、また、アパートに比べて、外観も高級感溢れる物件が多いです。

マンションは、アパートとともに、借りることのできる物件の中でも、ポピュラーなものであり、利用している方の人数も多い、不動産の物件です。マンションには、日本全国に様々なタイプのマンションがあり、目的に応じて、使い分けられています。

マンションは、他の物件とは違った特徴を持っている物件です。

マンションの特徴として、一棟の物件の中に、個人個人が、日常生活を送るための空間である、「占有部分」と呼ばれる多数の部屋とともに、マンションに居住している住民が共同で使うことのできる、「共用部分」と呼ばれる空間が存在している、という点が挙げられます。

マンションは、このように、「占有部分」と「共用部分」に分けられている、という特徴があり、マンションに住んでいる住民皆で使うことのできる「共用部分」には、各マンションによって、様々な特徴の持った設備が整えられています。「共用部分」の使い方は、マンションを取り扱っている不動産の会社によって様々です。
カテゴリ:マンションの情報

ウィークリーマンションについて

ウィークリーマンションはアパートほど安くはないけれどビジネスホテルほど高くもない。ビジネスホテルに1泊すると6,000円。月家賃が7万円のアパートならば1日当たり2,333円。この間に入るのがウィークリーマンションです。1泊単位ではないからホテルよりは安いけど、長期契約のアパートよりも高いという価格設定です。

ウィークリーマンションの利用目的はさまざまで出張や単身赴任、中長期の旅行、病院の付き添い、受験、新築等建て替え時の仮住まい、セミナーやサークルの拠点、現場工事従事者の活動拠点など短期で利用するにはとても便利です。

ウィークリーマンションの良いところはカバンひとつで入居が出来ること。設備が充実している物件も多く生活に必要なものはほとんど揃っています。設備の内容は会社によって違いがありますが基本的にテレビ、エアコン、ベッド、冷蔵庫、ビデオ、洗濯機、電子レンジ、電気ポット、炊飯器、調理器具、食器類、掃除機、ドライヤー、ローテーブル、目覚まし時計。設備に含まれないものでもオプションで用意されていたりするから、たいていの場合は、カバンひとつに着替えなどを詰めて行けば生活できてしまいます。

希望のシークリーマンション物件が見つかったら運営会社のホームページや電話で希望物件、利用期間、利用人数を伝えて予約します。申込金の振込みをして契約書類と契約残金を支払います。入居前に身分証等の提示をして鍵を受け取りいよいよ入居です。持ち込み必要な備品の確認もしましょう。

マンションの査定について

マンション査定とは、どの程度の価格で売れるのかマンションを売却する際に査定してもらうことです。せっかく購入したマンションですから出来るだけ高い査定額になって欲しいですね。まずはマンション査定の前に、どの程度の査定額を望むのかしっかり検討しましょう。

査定までの大まかな流れは
1、物件の売買情報や不動産に問い合わせ相場価格を把握します。
2、ネットなどにある簡易査定で査定額のおよその目安を確認します。
3、実際に査定してもらう不動産・マンション査定業者を選んで、査定依頼するという流れになります。

マンションの査定は大手の不動産会社と地域にある小さな不動産会社の両方を検討しましょう。大手はデータベースが豊富であったり、サポート体制が充実しています。小さな不動産会社は地域に密着しているというメリットがありますので、それぞれ比較してみると万全ですね。

注意が必要なのは、マンション売却の権利を得るために業者によっては高額な査定額を出してくる場合があることです。いくら高い査定額が出ても、その額で売却できなくて結局、後から値下げしては意味がなくなります。その不動産業者の販売実績も確認しましょう。

ウィークリーマンションとは

ウィークリーマンションとは週単位で利用できる家具付賃貸マンション・アパートのことです。最低利用日数は7日間ですが、それ以上の滞在は日割りで利用できます。出張、研修、受験などで1週間以上の長期滞在をしなければならないが、費用を抑えたいという人たちに人気です。

ロビーやカウンターサービスがない代わりに、自分の部屋のように自由に気兼ねなく使えるというところがウィークリーマンションの良さです。部屋には生活に必要な備品がテレビ・ビデオはもちろん、冷蔵庫・洗濯機、食器類まで用意されています。

とても便利なウィークリーマンションですが、ホテルや旅館のような環境やサービスを期待してはいけません。あくまでも賃貸マンション・アパートにすぐに生活できる備品が備わっているだけです。そこをきっちりと割り切って利用していくべきです。

気になるのは、ウィークリーマンションの金額でしょう。これは地域や部屋のタイプによって変わってきますが、一般的にワンルームなら1日に5000円ぐらいとなっています。基本的にはホテルに比べて金額を抑えられているようです。利便性によっても金額が変わってくるので、費用を抑えたい人は滞在場所を変えて比較してみるといいでしょう。

マンションの基礎知識

マンション選びのポイントは、やはり立地条件、間取り、価格などでしょう。その中でも、マンションの価格は、支払い、予算の関係からとても重要な事項になります。このマンションの価格は、同じような場所にあっても立地条件や、土地などのさまざまな事情によって大きく変わってきます。まずはマンションの価格を、u単価や、坪単価に直して検討してみると、検討しやすくなると思います。

ところでマンションとはどういった建物のことをいうのでしょう。これは3階建て以上の構造でなりたっている集合住宅のことをいいます。マンションの構造には、木造や、SRCと呼ばれる鉄筋コンクリート、うちっぱなし、いった構造があります。うちっぱなし、という構造はきいたことがあるでしょうか?壁にコンクリートを打ち込んだままの状態のことです。これは、クロス、タイルが張っていない代わりに、インテリアや、デザイン性を重視したものになっています。

長い間住むことになるマンションで心配なのは、やはり地震ですよね。新耐震法によって地震に強くなったといわれるマンションには、どのような工夫がされているのでしょう?設計をする前に、地盤を調査し、固い地盤なら、建物を直接地盤で支える工法になり、軟弱な地盤であれば、地中の固い地盤まで深く杭を打ち込む工法などになります。また、液状化現象のおこる心配のある地盤は、地盤改良をする場合もあるのです。

一戸建て住宅に比べて、マンションの気密性の高さは、保湿や、遮音という点で優れたものがあります。しかし、汚れた空気が逃げにくい、という点もあります。なので、換気はすごく重要なことになってきます。キッチンやバスルームだけでなく、他の場所にも、換気口や給気口があるとうれしいですね。2003年7月から24時間換気システムが必須となっていますので、換気については、よりいい方向に進んでいるといえるでしょう。

カテゴリ:マンションの情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。